「砂漠」の夢占い

「砂漠」の夢が象徴するもの

渇いた心。果てしなさ。孤独。絶望。不毛。潤いのない人生。ささくれた心。絶望的な状況。絶望的な未来。終わりの見えない時間。限りある永遠。不確かさ。情緒のなさ。代り映えのない日常。向上心の欠如。生きる目的がない状態。不毛な関係。仮面夫婦。試練。困難。死。

「砂漠」の夢 個別の事象

1. 砂漠の夢

「渇いた心」「果てしなく不毛な時間」「孤独と絶望」「困難な試練」の象徴。人間関係や社会生活が上手くいっておらず、暗雲が立ち込めて未来が見えていない状況に、心も渇いている。

2. 景色が砂漠化する

先行きが不安な暗示。将来が悲観的であるとしか見通せず、どれだけ頑張ればいいのかもわからず自信を失い始めている。

3. 砂漠が暑い・昼の砂漠

渇いた関係の暗示。恋愛関係や交友関係で心を通わせることができず、表面上の付き合いだけでもトラブルになりかねない。また、物事が勝手に進むのについていけずにくたびれる。

4. 砂漠が寒い・夜の砂漠

愛が感じられない関係に悩む暗示。相手の愛を疑ったり、冷めた関係を改善しようにも余計に拗れてしまう。あまり気負わないこと。

5. 砂漠に取り残される

共同生活の理想を手放す暗示。同じ目標に向かって協力し合うような理想を諦めたり、相手の変化に頼らず自分が変わる方向にシフトするとき。

6. 砂漠で誰かと一緒にいる

関係改善の試練にいる暗示。家庭生活や恋愛関係を続ける上で困難な時期にきており、そのスランプは長く続く。

7. 砂漠をただ歩く

孤独な人生の過渡期の暗示。愛のない最悪の展開が訪れるが、心の準備をして正面から向かい合うことで道は開ける。回避は事態が悪化するため、悪足搔きは厳禁。

8. 砂漠を必死に歩く

現状に抵抗しようとしている暗示。どうにか関係を改善させたり、人生に潤いを取り戻そうと一生懸命になるあまり、焦れたり見落としをしやすい。

9. 砂漠を彷徨う

心が荒れて自制を失う暗示。最終決断を下さなければこの先の人生も終わるような感覚に襲われて、自暴自棄に陥ったり現実逃避して自分を見失う。

10. 砂漠を冒険する

現実逃避する暗示。解決できないのならいっそ楽しんでしまえと、絶望的な状況から目を逸らし、自分の心に問いかけるのをやめている。

11. 砂漠から脱出する

試練を乗り越えて愛を獲得する暗示。不安で困難な時期を過ぎ、関係が改善して再び愛情を感じられるようになったり、不毛な関係に終止符を打って新しい愛を見つける。

12. 砂漠で人や動物に遭遇する

元凶や糸口の暗示。遭遇した人や動物から解決のヒントを掴んだり、その存在の象徴することが現在の状況をつくった原因を示している場合がある。

13. 砂漠で乗り物を見つける

未来を切り開くチャンスの暗示。解決の手立てが見つかったり、自分をどう改善すれば関係が修復できるかに気づけたり、自立する切っ掛けを掴める。

14. 砂漠でラクダに乗る

持久戦の末に報われる暗示。辛抱強く淡々とした努力が必要になるが、困難を乗り越えることは自分の人生に大きなプラスとなる。

15. 砂漠でピラミッドを見る

変わらず大切にする暗示。最悪の状況下でも信念や大切な価値観を持ち続けたい気持ち。心から愛せなくなったとしても相手を気に掛けたり、尊重できる。

16. 砂漠でオアシスを探す

八方塞がりの状況に救いを求めている暗示。精神が疲弊して、安らぎや支えを求めていたり、侘しい現実を忘れたがっている。理想や過去に囚われないように注意。

17. 砂漠でオアシスを見つける

大切なことに気づく暗示。自分の気持ちや進むべき道を自覚して、立往生している現状からは脱出できる。

18. 砂漠で花が咲く

まだ見込みがある暗示。望み薄の関係や状況だが、完全に希望が消滅したわけではなかったり、今が絶望的でも人生がこのまま終わるわけではないという好転の可能性。

19. 砂漠で宝を探す

生きる目的を探している暗示。目標をつくってつまらない日常を変えたり、今までやろうとしなかったことに挑戦してみようとしている。

20. 砂漠で宝を発見する

生きがいを見つける暗示。今までとは違う人生の目標を持ったり、なくなっていた心の拠り所を見つけて自分の役割を思い出す。または、それを考え見直すとき。

21. 砂漠で遺跡を発見する

普遍的な精神を悟る暗示。これまでのことを思い出し、変わり果てていく中で変わらない想いや、変えたくない信念を見出す。ただし、崩壊がひどい場合は、理想と精神が崩れる暗示。

22. 砂漠でサバイバル生活を送る

自分の居場所がない孤独の暗示。自分を無価値に感じたり、自分を活かせる才能を見い出せておらず、やりたかったことも忘れているため、必死に探そうとしている。

23. 砂漠で遭難してSOSを出す

心の叫びの暗示。自分にはもうどうすることもできないと感じ、誰か助けてという気持ち。心がすり減って思考力も低下しているため、自分だけで結論を急ぐと危ない。

24. 砂漠で喉が渇いている

ひび割れた心の暗示。生きる上での喜びや刺激がなさすぎて、精神が逆立ったり、少しの幸せでは癒せなくなっている。ただし、知らないことに対する吸収率は高いとき。

25. 砂漠で喉の渇きを癒す

充足感の暗示。行動することで今まで満たされなかった喜びを得られるなど、生活や関係に少しの潤いがもたらされる。

26. 砂漠で砂嵐が起こる(砂塵嵐)

すべてを壊すようなアクシデントの暗示。退屈で干からびた環境に更なる災難が訪れ、第三者の登場によって保ってきた生活が終焉を迎えたり、我慢してきたことが無駄になる警告。

27. 砂漠で砂嵐に突入する

巻き込まれて嫌悪感を抱く暗示。自分の我慢を最低な形で踏みにじられて、怒りや混乱状態にあったり逆に何も感じなくなるが、これを機に視界が開ける。

28. 砂漠で自分が死ぬ

終わる暗示。不毛な関係や何もない生活の終わりを迎えて、新たな人生をスタートできる。ただし、生きる気力が湧かず、切り替えるのに時間がかかる可能性もある。